看護師が向いている人と向いていない人の違いとは?20個のポイントを解説

看護師 向いていない

 

 

 

 

スポンサーリンク

看護師が向いている人とは?

人が好きな人

看護師という仕事は人を相手にする仕事。人が好きというのは、まず第一に向いている人の条件と言えるのではないでしょうか。

精神的に単純な人

看護師というのは、患者さんの汚物や嘔吐物などの片付けもお仕事の一つ。そんなお粒や嘔吐物を片付けた後に、カレーライスやハヤシライス、シチューをご飯で食べられるくらい精神的に単純な構造になっている人がいいそう。

親切な人

看護師というのは人を相手にするので、理論的なことだけでは説明のつかないこともあるかもしれません。ちょっとした心の触れ合いに安心を感じる患者さんもいらっしゃるでしょうし、ちょっとした気遣いに仕事のやりやすさを感じる医師もいるかもしれません。

そんな意味で、親切であることは、向いている人の条件と言えるのではないでしょうか。

思いやりのある人

どんな仕事をしていてもそうだと思うのですが、一つ一つのしぐさ・行動に思いやりのある人は、どんな職種についても向いているといえるのではないでしょうか。

真面目な人

人の命を預かる看護の仕事だからこそ、真面目な人であってほしいのではないでしょうか。病気になり精神的に参っている患者さんにも真面目に誠意をもって対応できる心は大切かもしれません。

勉強好きな人

医療の世界は、その年その年の病気の傾向もあるでしょうし、日々進歩も続けていることでしょう。そんな医療の知識を、探求心を持って学ぶ姿勢のあること大切ではないでしょうか。

新しい医療の知識や看護の知識を学ぶ意識のある勉強好きな人は、看護師に向いているといえるかもしれません。

スポンサーリンク

正確な仕事が出来る人

看護の仕事は、医師からの指示により医療行為に及ぶことになるでしょう。そんな場所では、正確に仕事をすること大切ではないでしょうか。

世話好きな人

病院やクリニックには、体の調子が悪い人が来るもの。そんな調子の悪い人のお世話をしてあげたい、ほっとけないと思える人は、看護師に向いているといえるかもしれません。

几帳面な人

看護師の仕事は、患者さんのわずかな容態に異変を感じたり、患者さんの要望に応えられる人が向いているといえるかもしれません。

几帳面に患者さんのことに気を配れたり、細かなところまで意識を向けられる几帳面な人は向いているといえるのではないでしょうか。

清潔好きな人

看護師の仕事は、キレイなことばかりとは言えません。時には汚物の処理や嘔吐物の処理なども。そんな時に、清潔に保つことが自然と出来る清潔好きの人は、看護の仕事が向いているといえるでしょう。

感情を顔に出さない冷静な人

看護師という仕事は、時には汚い仕事もあるでしょうし、緊迫した状態の患者さんの対応をすることもあるのではないでしょうか。そんな時でも患者さんの対応を坦々とする、感情を顔に出さずに冷静でいられること、大切かもしれません。

笑顔でいつもいられる人

看護の仕事は人を相手にします。時には、虫の居所の悪い患者さんや仕事仲間もいるかもしれません。そんなときでも、仕事中は感情を表に出すことなく、笑顔でいられると患者さんも安心することが出来るのではないでしょうか。

ユーモアのある人

看護師の仕事は人を相手にするので、暗い気持ちでいつもいる人よりも、明るくユーモアのある人の方が周りも明るい雰囲気にすることが出来るのではないでしょうか。

根性のある人

看護師の仕事は、キツイと言われています。夜勤もあり、時には残業となることもあるでしょう。そんな時でも気持ちが強い、根性のある人は向いているといえそうです。

協調性のある人

いろんな職種や色んな患者さんと接する看護師の仕事。協調性は大切かもしれません。患者さんだけでなく、医師、同僚、先輩、多職種。たくさんの人とかかわりあいながらする仕事なので、協調性は不可欠と言えるかもしれません。

体力のある人

看護師の仕事は、病気の人のお世話をすること。看護師自身が体力が無くては看護は難しいかもしれません。体力があることは、看護師にとっても必要なことかもしれません。

どこでも眠ることが出来る人

看護師の勤務は、2交代制の日勤と夜勤がある場合や、3交代制が取られている場合があります。2交代制の場合には、夕方から朝までの16時間ほどが勤務時間となる場合もあるでしょう。

そんな時には、2時間ほどを仮眠室で休憩することもあり、どこでも眠ることが出来ると体力を回復することも出来て、看護師に向いているといえるかもしれません

食べるのにも困るような生活を経験したことのある人

看護師の仕事は、きつくて危険で汚いとして、「3K」であるという人もいるようです。勤務はきつくて、病院という場所柄、様々な病気と隣り合わせであり、汚いものの処理もある。

そんな仕事だからこそ、看護師になるまでの環境で食べるのにも困るくらいの生活をしたことのある人じゃ務まらないなんて意見も。

パワハラ・モラハラに耐えることが出来る人

看護師は医師の指示のもと医療業務を行うことになります。そんなピラミッドの社会の中で、パワハラもあるのかもしれません。それに、患者さんからのモラルにかける振る舞いを受けることも。

そんな時でも笑顔でいられたり、気にしないでいられる人は看護師に向いているといえるかもしれません。

自分で考えて行動できる人

今何が必要とされているのか、を自然に考えて行動に移せる人は、看護師のみならず仕事が向いているといえるでしょう。どんな仕事でもそうですが、指示を待っているのではなく、何をしたらいいのかを考えて行動できる人というのは、看護師に向いているといえるかもしれません。

看護師 向いてる人

 

看護師が向いていない人とは?

 

コミュ障・人見知りの人

 

 

神経質な人

 

 

人の気持ちが分からない人

 

 

思いやりのない人

看護師さんの仕事に関わらず、思いやりって必要ではないでしょうか。ましてや人を対象としている看護師の仕事は、患者さんに対する思いやり、一緒に仕事をする人への思いやり、多職種の方への思いやりなどが必要になってくるかもしれません。

周りの人への思いやりのない人は、看護師の仕事に向いていないかもしれません。

命の重みを感じられない人

看護師の仕事が他の仕事と違うのは、命を扱っているというところかもしれません。どんな職種よりも重い人の命を預かっているという自覚を持っていない人は、看護師には向いていないかもしれません。

向上心のない人

医療の世界は日々進歩していて、薬も新しいものが出てくるでしょう。そんな中でも新しい知識を受け入れる気が無く、日々向上心を持って取り組めない人は、看護師に向いていないといえるかもしれません。

責任感のない人

看護師の仕事は人の命を扱うのはもちろんですが、看護師として仕事をしていく上で自分に課された仕事ってあるのではないでしょうか。チームで看護していく環境の中では、一人一人がチームの一員として、責任のある行動をして行くことで看護のプロセスが機能していくこともあるでしょう。

そんな中で、無責任な行動をする人がいては、他の人が足を引っ張られたり、ミスを引き起こしたりすることにもなりかねません。看護師だけでなくどんな仕事をするうえでも、責任感の無い人は、仕事をするのは向いていないといえるのではないでしょうか。

ケアレスミスの多い人

患者さんの看護をしていく中で、患者さんの薬や処置の手順などルールもあることでしょう。そんな中で、うっかりミスの多い人は、看護師に向いていないといえるかもしれません。

人の世話が嫌いな人

看護師だけでなく、介護の仕事や保育の仕事は、人の世話が嫌いな人は向いていないといえるかもしれません。

ずぼらな人

『ずぼら』とは、守るべきことや行うべきことを、疎(おろそ)かにしたりやらなかったりすることを言います。

看護の世界では、目に見えない細菌やウィルスにも注意を払わなければならないこともあるでしょう。そんな現場で、するべきことが出来ないずぼらな人は、看護師に向いているとは言えないかもしれません。

スポンサーリンク

言いたいことが言えない引っ込み思案な人

看護師に関わらず、仕事で必要な情報や共有しておきたい情報は、聞いたり伝えたりすること必要なのではないでしょうか。そんな時、言いたいことが言えないような引っ込み思案な人は、看護師に向いているとは言えないのではないでしょうか。

感情的になってしまう人

看護師の仕事は、病気の患者さんと接するので、患者さんの心無い言葉に傷つくこともあるかもしれません。救急の現場などでは、緊迫した状況もあるでしょう。

喜怒哀楽の感情が表に出てしまう人は、看護師に向いていないかもしれません。

不愛想な人

看護師の仕事の対象は、人間。生身の人間なので、笑顔を作れることは大切かもしれません。不愛想な人は患者さんにも、一緒に仕事をする医師や仲間にもいい影響を与えないかもしれません。

根性のない人

看護師は、白衣の天使というイメージが強いですが、実は、医療の現場では、患者さんを助けるために緊迫した状況もあることでしょう。そんな時には、精神的にも肉体的にも強い、根性のある人が求められるのではないでしょうか。

根性のない人は、看護師には向いていないかもしれません

自己中心的な人

看護師に関わらず、仕事をするうえでは、協調性はとても大切です。職場の人間関係を良好に保ち、コミュニケーションをスムーズにすることで、お互いの情報を共有することも出来るでしょう。

自己中心的で自分が良ければそれでいい、という気持ちの人は、看護師に向いていないかもしれません。

体力のない人

白衣の天使と言われる看護師ですが、実のところは、夜勤があったり患者さんの体を支えたり、長時間の勤務があったりと、体力勝負という人もいるようです。

体力のない体の弱い人は、看護師には向いていないかもしれません。

寝つきの悪い人

看護師の中でも、夜勤や準夜勤などがある場合には、病院の休憩室などで休憩することになるのではないでしょうか。

そんな時、誰かが2段ベットの上に寝ていたとしても気にせず、寝られると体力的にも楽かもしれません。ですが寝つきが悪く、休憩時間に休憩出来ない人は看護師に向いていないかもしれません。

生活が恵まれている人

看護師の仕事はきつい・汚い・危険として『3K』という人もいるようです。そんな過酷な状況の仕事を続けていけるには、そのお給料の高さは魅力の一つではないでしょうか。

そんなお給料のためならと『3K』の仕事も我慢できる人もいるかもしれません。逆に言うと、生活が恵まれていて苦労の無い人は、看護師の仕事を我慢できないかもしれません。

人の欠点を批判し、許すことが出来ない人

看護師の仕事に関わらず、人と仕事をして行く時には、人間関係を上手くしていくことって大切ではないでしょうか。そんな人間関係の中では、人の欠点ばかりに目を向け、批判ばかりをしていては、良い人間関係を構築することは難しいかもしれません。

時には、人の欠点は見ないふりをし人の行動を許していくことも大切かもしれません。

自分で考えて行動できない人

看護師は医師の指示のもと看護を行います。ですが、指示されるほどでもないちょっとした仕事ってあるのではないでしょうか。

そんな看護師一人一人の裁量に任された仕事を自分で考えて行動に移せる人は、一緒に働いている人にとっても仕事がしやすい、と感じられるかもしれません。

逆に、自分で考えて行動することの出来ない、指示を待つだけの人は、看護師のみならず仕事をしていく上で難しいかもしれません。

 

まとめ

 

 

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク