会社を辞めるには何日前に退職届を提出する?法律上・一般的にはいつ?

会社 辞める 何日前

会社を辞めると決断した時、退職届っていつ提出するのが良いのでしょうか。出来ることなら会社に迷惑をかけずに退職したいと思うものではないでしょうか。

とはいえ、会社に辞めるということを言いにくくて、ついつい退職したい日のギリギリになってしまっている方いらっしゃるかもしれません。

転職先との話がトントン拍子で進んでいったなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな時、退職届は退社日の何日前に提出すればいいのでしょうか。

そもそも法律上では退職届はいつまでに提出することになっているのでしょうか。

スポンサードリンク

 

会社を辞めるには法律上、何日前に退職届を提出する?

会社や勤務先に勤めている従業員が会社を辞める場合、退職届を提出するなど会社を辞める意向を伝えるのは、法律上2週間前ということになっています。

逆に言うと、退職届を提出したり、会社を辞めることを会社に伝えてから2週間で法律上は、退職できるということです。民法の法律上では、このようになっています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

出典:民法 第二章 契約 第八節 雇用

簡単に言うと、

民法第627条では、会社と従業員が働く期間を決めなかったときは、いつでも退職したいです、と言うことが出来ますよ。
その時には、退職届を提出したり、口頭で会社を辞めることを伝えてから2週間で会社を辞めることが出来ますよ。

ということだそう。雇用の期間と言うところですが、正社員の場合には、雇用の期間の定めのない契約となることが多いので、退職届を提出してから2週間で会社を辞めることが出来ることになります。

会社 辞める 何日前

 

会社を辞めるのは、一般的にはいつ?

民法の法律上では、雇用期間に決まりの無い場合には、退職届を提出してから2週間で会社を辞められることになります。

とはいえ会社側から言ったら法律上決まっていたとしても、2週間程で突然、有給休暇を消化して会社に来なくなってしまったら困るのではないでしょうか。

その為にも会社では社内規則で、1カ月前や2~3カ月前に退職する意向を伝えることとなっている場合もあります。

会社を辞めるにはそれまでの業務を誰かに引き継ぐ必要があるかもしれません。そんな時には新しい人を採用し、業務を引き継ぐ時間が必要となることもあるでしょう。

現実的に考えると、1カ月か2~3カ月ほどの期間が欲しいとする会社側の主張も分かる気がしますよね。

 

スポンサードリンク

 

退職届が受理されない場合はどうする?

会社に辞めると伝えたのに、「今は忙しいから。」とか「新しい人に引継ぎが出来てから。」などと会社から言われて、退職届を受理してもらえない、なんて悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

ですが見てきたとおり、退職の意向を伝えたり、退職届を提出することで法律上は2週間で退職することは可能です。

ここまで見てきたのは、正社員などの雇用期間の決まりの無い場合。では、契約社員や派遣社員などの契約期間がある雇用の場合にはどうなるのでしょうか。

 

契約社員や派遣社員の期間途中に会社を辞めるには?

契約社員や派遣社員、アルバイトなどで働く期間を決めて雇用されることもあるのではないでしょうか。とはいえ、体調を崩したり、家族に何かあったりと、仕事を続けられなくなることもあるかもしれません。

そんな時は下記のような民法の通り、雇用契約を解除、つまり会社を辞めることが出来ます。

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

出典:民法 第二章 契約 第八節 雇用

やむを得ない事由、と言うのは具体的に言うと、このようなものがあります。

  • 子供の通園や通学などのために仕事を続けることが難しい場合
  • 会社でのいじめやセクハラ・パワハラのために仕事を続けることが難しい場合
  • 給料や残業代の未払いがある場合
  • 残業・産休・休日などが労働基準法に違反している
  • 体力面、精神面、年齢により体力が落ちて仕事を続けることが難しい場合
  • 会社からの転勤の辞令を受けたものの、家族の事情で転勤できない場合
  • 配偶者の転勤により、会社に勤めることが出来なくなった場合
  • 通勤のための公共交通機関が廃止・改正などで通勤できなくなった場合
  • 会社が通勤の難しい場所に移転し、通勤が難しくなった場合
  • その他のやむを得ない理由がある場合

管理人自身も派遣スタッフとして働いているときに、妊娠し悪阻がひどく勤務を続けることが出来なくなり、契約期間の途中で退職したことがあります。

契約期間中には辞めれない、ということもないので、会社と話し合いをすることも必要かもしれません。

 

まとめ

『会社を辞めるには何日前に退職届を提出する?法律上・一般的にはいつ?』としてまとめてきました。会社を辞めるとなると、退職届を受理してもらえるのか、同僚や上司に迷惑が掛からないのか、と心配になります。

法律上の退職に関する決まりや一般的な退職に関する社内規則がありますが、出来れば、会社の業務に支障が出ないように退職することがいいかもしれません。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサードリンク