義母と娘のブルースロケ地 |ランチのカフェや神社・中国のレストランまとめ

義母と娘のブルース

綾瀬はるかさん主演の7月ドラマ『義母と娘のブルース』の放送が始まりました。ドラマ冒頭は、新緑のきれいな公園からスタートでしたね。自転車の練習をする子役の横溝菜帆ちゃん、可愛かったですね。

横溝菜帆ちゃんは、ほんとうは小学5年生だそう。でも小学3年生の役だそうです。この先、10年間にわたって、綾瀬はるかさん演じる義母とのブルースな生活のお話なので、ここから少しずつ成長していくのかもしれませんね。

ドラマの中でナレーターをされているのは、上白石萌歌さん。高校生になったみゆきを演じることになっているそう。10年にもわたる長い間のブルースな生活の中で、みゆきは亜希子に心を開いていくようになるのでしょうか。

ドラマの中でロケ地として登場した場所を見ていきましょう。

 

亜希子と良一がランチしていたカフェ/A16 TOKYO(エーシックスティーントウキョウ)

仕事のお昼休みに綾瀬はるかさん演じる亜希子と竹野内豊さん演じる良一がランチをしていたカフェが、A16 TOKYO(エーシックスティーントウキョウ)。開放的な空間で素敵ですね。

A16 TOKYO(エーシックスティーントウキョウ)

 

良一が時間をつぶしていた喫茶店/喫茶まりも

良一が、児童館にいるみゆきのお迎えの時間を遅くして、ママが欲しいと言わせようという作戦に出た時の喫茶店が、喫茶店まりも。神奈川県川崎市にある創業昭和38年という老舗の喫茶店。

義母と娘のブルース

これまでに撮影されたドラマは、『ハンチョウ(最終回)』、『鉄腕アトムの手塚進さんの半生』『運命の人 第8話』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『逆転報道の女』『ウロボロス』『エベレスト』などなど多数。

昭和の雰囲気もありながら、コーヒーのいい香りが漂っていそうな喫茶店ですね。

お店の前の水槽の中には、13年も生きているまりもがいるそう。喫茶店の前には、バイクや自転車が並んでいて、地域の方々の憩いの場になっているようですね。

喫茶まりも

 

良一がお参りした神社/日比谷神社

良一がお参りしていた神社が、東京都港区にある日比谷神社。ドラマの中では、竹野内豊さん演じる良一が亜希子(綾瀬はるか)に電話しているシーンで登場しました。

義母と娘のブルース

都会の真ん中にあって、周りを高層ビルに囲まれている神社なのですね。

日比谷神社

 

亜希子が中国のクライアントに会いに行ったレストラン/Fish Bank TOKYO

仕事上でのトラブルの解決のために、中国に急遽出張し、クライアントと会ったレストランが、フィッシュバンクトウキョウ(Fish Bank TOKYO)。地上41階にあるレストランで、景色がとっても素敵です。

シャンデリアが素敵で、印象的です。夜の夜景を眺めながらのディナーも素敵です。

Fish Bank TOKYO

 

中国のクライアントの執務室/GRAND BRILLER TOKYO

トラブル解決のために飛んだ中国のクライアントの執務室として登場したのが、グランブリエ東京(GRAND BRILLER TOKYO)。チャペルも併設していて結婚式や披露宴にぴったりな空間です。

ドラマの中では、窓の外の景色が上海っぽい気がしたので、中国での撮影なのかなと思いました。

見晴らしのいい空間で、とっても素敵ですね。

GRAND BRILLER TOKYO

 

まとめ

『義母と娘のブルースロケ地 |ランチのカフェや神社・中国のレストランまとめ』として書いてきました。亜希子が仕事をする場所は、どこも高層階のとてもステキな空間ですね。そして、良一の生活空間はとても庶民的で、その対比が面白いです。

でも良一とみゆきが住んでいるマンションは、東京世田谷区に実在するマンションのようです。そちらもとっても素敵なお部屋です。

義母と娘のブルースロケ地まとめ|宮本家マンションやアスレチックはどこ?

良一と亜希子が結婚した理由は、本当はどういうことなのでしょう。管理人的予想では、良一の会社が亜希子の会社の内部事情を知りたいがために、良一が亜希子に近づき、極秘情報を引き出したい、みたいな狙いがあるのかなーなんて思っています。皆さんは、どう思われますか?

小学生で新しいお母さんと暮らすことになったみゆきの心境の変化や成長も、今後楽しみです。

 

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサードリンク